マイナンバーとは 簡単に

マイナンバーとは 簡単に

マイナンバーとは 簡単に

マイナンバーとは 簡単に

マイナンバー制度がいよいよ始まりましたが、今一つ分かっていない人も多いと思います。

 

そんな人の為に、当サイトでは、マイナンバーを簡単に解説します。

 

マイナンバーとは???

 

個人に番号が振られる

 

番号は税金や社会保障、災害対策に使われる

 

マイナンバーは管理の法律が厳しい

 

この3つをまずは覚えてください。

 

 

個人に番号が振られる

これは、知っているかと思いますが、個人に12桁の番号が振られます。
123456789012のような感じですね。実際には、もっとランダムな数字です。例えば584736758930のよな感じですね。

 

これまでは、年金情報や個人の住民票情報、所得の情報、戸籍情報などがバラバラに管理されていました。なので、何かとめんどくさいことが役所手続きではありましたよね?

 

これらが、一つの番号で紐づくのです。

 

 

これまでは、同姓同名のケースや、住所移転しているなどで、個人を完全に国が特定することが困難でした。それが番号によってできてしまうわけですね。

 

 

 

番号は税金や社会保障、災害対策に使われる

マイナンバーの番号は何に使われるのか?

 

税金情報と社会保障と災害対策です。

 

税金は、脱税の防止や所得の正確な把握、それによって、生活保護などの社会保障の措置を必要な人に届けます。なので、生活保護の不正受給は簡単にあぶりだされます。

 

また、災害時には、名前と住所だけでは、完全に本人なのか?が把握できませんでした。同姓同名もいますし、なにより国や行政がバラバラの番号で管理していたからです。それが解決されます。

 

 

マイナンバーは管理の法律が厳しい

最後に、マイナンバーは法律がかなり厳しいです。かなり重要な個人情報なので、盗まれたら犯罪に使われる可能性も高いですので。